代表あいさつ 2003年度版

代表取締役 森正弘
代表取締役
森 正弘
こんにちは。ジュリアグループ代表の森 正弘です。

ジュリアグループは、1990年に創業しました。ちょうどバブルがはじけた年です。当時、私は25才。脱サラでのスタートでした。
将来的には、不景気・デフレの到来を予想していましたので業種はリサイクルがいいと思っていました。「リサイクルショップ」という言葉もまだ一般的ではなく、「古着屋」「古道具屋」と、呼ばれていた頃です。

中古車ショップ、中古バイクショップ、リサイクル子供服ショップなどのビジネスに取り組みました。脱サラで、まとまった資金もないままにスタートしたこともあり、何度も「もうだめか・・・」と思うことがありましたが、その度に、色々な方のお力添えをいただき、仲間と一緒に冷や汗をかきながら何とか頑張ってきました。

その後、ユニークな発想を持つコンピューターの技術者との出会いをきっかけに、インターネットでリサイクル品を専門的に販売するシステムを自社開発し、それを使ったインターネット販売のFC展開も、始めました。99年8月の事です。今では、全国に60店舗のオーナー様が、私たちと一緒にビジネスに取り組んでいただけております。(2003年9月現在)

ジュリアグループの夢は、2つです。

1.良い物が長く愛されるよう、それを必要としている次の人へできるだけスムーズにリレーするお手伝いがしたい。

家庭でブランド品が眠ったまま・・というケースは少なくありません。
弊社で「こだわりの一品」を専門的に扱うリサイクルショップを運営し買い受けた品物を、愛着を持ってくださる次の方にご提供します。

2.事業で独立・成功できるチャンスを、たくさんの人に提供し、仕事を通して、仲間と一緒に人間的にも成長できる環境を提供したい。

弊社は、低資金、低リスクで誰もが起業できるFCショップ「ミラクルボックス」を運営しています。 また、従業員には、弊社の株式の購入を奨励し、みんなで会社の成長を期待できる制度を設け、昇格・昇給についても、志と努力で大きく夢が持てる体制を採用しています。

FCオーナーとしての成功。株主としての成功。役員としての成功。これらを目指し、40名のスタッフと、60名のオーナーさんが助け合って、努力を続けています。
2003~2004年度のジュリアグループは、「圧倒的多数のファン作り」をテーマに、全社、大改革を実施しています。弊社へのご不満や苦情を、スタッフ総がかりで、延べ1万名以上のお客様に、直接お伺いしました。率直なお客様のご意見は、「なるほど!」と納得させられるものばかりで、気付いていなかった事もたくさん有りました。お客様に満足していただくだくために、店舗・接客・商品などに貴重なお客様のご意見をどう活かすか何度も何度も検討を重ねました。
その結果、全ての部門で、「一からやり直す」程の改革が必要だと解りました。そして今、まさにその改革を各部門で決断し、推進しています。

◇ ミラクルボックスFC事業本部は、全国60店舗へのフォロー体制の見直しを行っています。webも、200ページにわたるリニューアルを実施し(03年9月)お客様に、より好感をもたれるwebショップ作りに努めています。

◇ キッズ&レディースジュリアは、お客様との気持ち良いコミュニケーションを実現するため、お客様のご意見を元に、店舗を大改装(20003年9月リニュ-アルオープン)しました。また、独立して事業を展開していた女性「笠井順子」を副社長に迎え、組織体制も一新しました。また、札幌にWeb販売専門の支店を開設いたしました。

◇ 中古車部門も今後、「女性に好かれる中古欧州車ショップ」を新設し、新規事業として中古オーディオショップも、併設する予定です。有限会社ジュリアは、これらの展開の為に、組織を株式会社に変更し、資本金も7000万に増資しました。

◇ バイクショップのジュリアモータースは、お客様が商品を見やすいよう店舗を2倍の広さに拡大し、中古スクーター100台を展示し、2階にバイクパーツ売り場を新設しました。(03年8月リニューアルオープン)また、仕入れ→修理→商品化の仕事の流れを徹底的に分析し、効率化を推進した工場を併設しています。

本年度は特に、幹部教育プログラムとして、「お客様とお店のコミュニケーション」を専門的に研究しておられる先生を講師としてお招きし、幹部一同で、月2回1年間のプログラムを勉強させていただいております。

もっともっとお客様のご意見をお聞きし、お客様が笑顔でお買い物を楽しんでいただけるお店作りにスタッフ一同、精一杯努力して参ります。どんな小さな事でも、お気付きの点は、ぜひ教えていただければ嬉しく思います。

まだまだ至らぬ弊社ですが、今後ともよろしくお願いします。

2003年
ジュリアグループ代表 森 正弘

2008年度あいさつ(グループ概要TOP)2007年度あいさつ